TOP
 >> 展示
 >> 特別展

特別展

特別展「國寶 聖林寺十一面観音―三輪山信仰のみほとけ」

『國寶 十一面観音菩薩立像(部分) 奈良時代?8世紀 奈良?聖林寺蔵』の畫像

國寶 十一面観音菩薩立像(部分) 奈良時代?8世紀 奈良?聖林寺蔵

本館 特別5室 :2021年6月22日(火) ~ 2021年9月12日(日)

仏教伝來以前の古い日本では、神は山、滝、巖や樹木等に宿ると信じられ、本殿などの建築や、神の像はつくらず、自然のままの依り代を拝んでいました。その形が現在まで続いているのが三輪山を御神體とする大神神社(おおみわじんじゃ)です。その後、國家的に仏教を興隆した奈良時代には神仏関係の接近が見られ、神に密接にかかわる寺がつくられました。大神神社にも大神寺(鎌倉時代以降は大御輪寺)が造られ、仏像が安置されました。幕末、新政府により神仏分離令が発せられると、廃仏毀釈の危機にさらされますが、大御輪寺の仏像は、同寺の住職や周辺の人々の手によって、近傍の寺院に移され、今日に至ります。
本展では、かつて大神寺にあった國寶 十一面観音菩薩立像(聖林寺蔵)、國寶 地蔵菩薩立像(法隆寺蔵)などの仏像と、仏教伝來以前の日本の自然信仰を示す三輪山禁足地の出土品などを展示します。國寶 十一面観音菩薩立像が奈良県から出るのは初めてのことです。その比類ない美しさをこの機會にぜひご覧ください。

 

聖徳太子1400年遠忌記念 特別展「聖徳太子と法隆寺」

『國寶 聖徳太子および侍者像のうち聖徳太子平安時代?保安2年(1121)奈良?法隆寺蔵』の畫像

國寶 聖徳太子および侍者像のうち聖徳太子
平安時代?保安2年(1121)
奈良?法隆寺蔵

平成館 特別展示室 :2021年7月13日(火) ~ 2021年9月5日(日)

西暦622年に聖徳太子(574~622)がお亡くなりになってから、1400年遠忌という記念の年、奈良國立博物館と東京國立博物館では聖徳太子の偉業と法隆寺の美術を紹介する特別展を開催いたします。
聖徳太子は日本文化に仏教の思想を積極的に取り入れるとともに、冠位十二階や憲法十七條、遣隋使などを通じて、以降の歴史の礎となる事業を推し進めました。偉大な太子に対する尊崇はやがて太子信仰を生み、これは日本仏教の大きな特色として現代にまで連綿と引き継がれています。歴史に燦然と輝く法隆寺ゆかりの寶物が一堂に會する本展は、1400年という遙かなる時をこえて、聖徳太子に多くの人々が心を寄せる絶好の機會となることでしょう。

 

予告 伝教大師1200年大遠忌記念 特別展「最澄と天臺宗のすべて」

『重要文化財 薬師如來坐像平安時代?12世紀岐阜?願興寺(蟹薬師)蔵』の畫像

重要文化財 薬師如來坐像
平安時代?12世紀
岐阜?願興寺(蟹薬師)蔵

平成館 特別展示室 :2021年10月12日(火) ~ 2021年11月21日(日)

2021年は、伝教大師最澄の1200年の大遠忌にあたります。最澄は平等思想を説いた法華経に心惹かれ、この教えをいしずえとする天臺宗を日本でひろめました。最澄が創建した延暦寺は多くの高僧を輩出し、彼らが説いた多様な教えは日本文化に大きな影響を及ぼしてきました。本展では、延暦寺における日本天臺宗の開宗から、東叡山寛永寺を創建して幕府と強固なつながりを得た江戸時代に至るまでの天臺宗の歴史をご紹介します。日本各地で守り伝えられてきた貴重な寶物や、法華経の説く萬民救済の精神をあらわす文化財を、地域的な特色を示しながらご覧いただきます。

ページトップへ
a毛片免费全部播放完整