TOP
 >> 1089ブログ

1089ブログ

鳥獣戯畫の斷簡と模本

6月1日(火)より特別展「國寶 鳥獣戯畫のすべて」が再開しました!
再開後は、鳥獣戯畫の斷簡がそろって展示され、甲?乙?丙?丁の各巻とあわせ、文字通り、「鳥獣戯畫のすべて」をご覧いただけます。


斷簡展示風景

斷簡と模本は、會場第二章でご紹介しています。

さて、「斷簡(だんかん)」、耳慣れない言葉だと思いますが、これは、もともと巻物の一部分であったものが、伝來の過程で別れてしまったものです。
巻物は一定の幅の紙や絹を継いで、一巻の長い巻物にしていくので、経年の劣化によって継ぎ目がはがれやすくなります。
本來の巻物から離れてしまった斷簡は、多くの場合、保存と鑑賞に適するよう掛軸の形に改められました。
鳥獣戯畫には現在、5點の斷簡が確認されています(甲巻の斷簡が4點、丁巻の斷簡が1點)。
いずれの斷簡も、「高山寺印」が捺されていないことから、江戸時代以前に分かれてしまったと考えられます。個々の斷簡は、甲?乙?丙?丁の各巻とは異なる、それぞれの歴史を歩んできました。

例えば、現在MIHOミュージアムに所蔵される甲巻の斷簡は、內箱の蓋裏に金字で「抱一暉眞記」の文字と、重郭楕円印「等覚院印」が朱で記されます。


鳥獣戯畫斷簡(MIHO MUSEUM本) 平安時代?12世紀 滋賀?MIHO MUSEUM蔵


鳥獣戯畫斷簡(MIHO MUSEUM本)內箱の蓋裏

江戸琳派の祖として名高い酒井抱一(1761~1828)の手元にあった可能性が高い作品です。同じ場面ではありませんが、抱一は甲巻をアレンジした作品も殘しており、鳥獣戯畫に関心があったことがうかがえます。
この他、「益田家舊蔵本」と呼ばれる斷簡は、近代を代表する実業家、茶人、そして美術コレクターとして著名な益田鈍翁(1848~1938)の舊蔵品です。
個々の斷簡の伝來は、所蔵していた人々の愛玩の歴史といえます。

このような斷簡の歴史をたどる手掛かりとなるのが「模本」と呼ばれる、鳥獣戯畫を寫した作品です。
模本を見ると、模本が制作された時點での、鳥獣戯畫の様子を知ることができます。
例えば、肥前(現在の佐賀県)平戸藩主であった松浦靜山(1760~1841)の賛がある「松浦家本」には、「益田家舊蔵本」と「高松家舊蔵本」の二點の斷簡が寫されており、當時は福山藩主であった阿部正精(1774~1826)が所蔵していたことがわかります。


鳥獣戯畫模本(松浦家本) 狩野洞益筆、松浦靜山賛 江戸時代?文政2年(1819) 長崎?松浦史科博物館蔵

この他、現存する最古の模本である「長尾家舊蔵本」、江戸時代を代表するやまと絵師の家系である「住吉家」に伝來した「住吉家舊蔵本」も展示されていて、斷簡の當初の位置や、今は失われてしまった場面があること、そして、甲巻はもともと二巻で成り立っていたことがわかるのです。
個人的に模本の中で興味深かったのが、江戸時代前半に活躍した御用絵師?狩野探幽(1602~1674)による、「探幽縮図」と呼ばれる絵畫鑑定手控えに寫された鳥獣戯畫です。
冒頭部分に「かいる」「さる」「うさき」とあって、カエルは「カイル」だったことがわかります。


鳥獣戯畫模本(探幽縮図) 狩野探幽筆 江戸時代?17世紀 京都國立博物館蔵

當時の読み方(発音)まで記されていて、模本、興味深いですね。

謎の多い「鳥獣戯畫のすべて」を考えるためには、斷簡と模本は大変重要な存在です。
今後、「猿と蛙の首引き」や「舟をこぐ蛙」「蛇の登場に慌てる蛙」といった、模本でしか伝わらない場面の斷簡が、ひょっとしたら再発見され、往時の姿がよみガエルかもしれません。

※會期は6月20日(日)まで延長となりました。入場には日時指定券が必要です。日時指定券の購入等、詳細は展覧會公式ウェブサイトでご確認ください。

 

カテゴリ:「國寶 鳥獣戯畫」

| 記事URL |

posted by 古川攝一(平常展調整室) at 2021年06月03日 (木)

 

 

はじめに

展示のイチオシやバックヤードの出來事など、トーハクスタッフによる最新情報をお屆けします。

 

 

カテゴリ一覧

 

    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

 

他のブログを見る

更新情報

 

ページトップへ
a毛片免费全部播放完整