TOP
 >> 1089ブログ

1089ブログ

今秋開催!特別展「最澄と天臺宗のすべて」

當館は6月1日(火)より開館しております。詳細は「再開館のお知らせ」のページをご覧ください。
今回のブログでは、緊急事態宣言の発令前に開催した、特別展「最澄と天臺宗のすべて」の報道発表會の様子をご案內します。
なお、展示作品、會期、展示期間等については、今後の諸事情により変更する場合があります。
最新情報は展覧會公式サイト等でご確認ください。
 
 
東京國立博物館では、2021年10月12日(火)~11月21日(日)に、平成館で伝教大師1200年大遠忌記念 特別展「最澄と天臺宗のすべて」を開催します。
本展は當館での開催後、2022年に九州國立博物館、京都國立博物館へと巡回する予定です。
去る4月15日(木)、3館合同で本展の報道発表會を行いました。
今回は、その模様とともに、展覧會のみどころをご紹介します。
 
東京會場の先行チラシは両A面仕様。館內各所で配布開始しました!

 
 
報道発表會では、はじめに、主催代表者5名がご挨拶いたしました。
 
左から:
天臺宗 宗務総長 阿部昌宏
比叡山延暦寺 執行 水尾寂芳
 
左から:
東京國立博物館 副館長 富田淳
九州國立博物館 副館長 小泉惠英
京都國立博物館 副館長 栗原祐司
 
 
2021年は伝教大師最澄(でんぎょうだいし さいちょう/767~822)が亡くなってから1200年目の節目にあたります。
その1200年大遠忌(だいおんき)を記念して開催するのが本展です。
最澄は『法華経』が説く「悟りに至る道はすべての人に開かれている」という教えに心惹かれ、その実現に奔走しました。
本展では、最澄の生涯をゆかりの品々から辿るとともに、日本天臺宗の開宗から江戸時代に至るまでの歴史を、日本各地で守り伝えられてきた數々の貴重な寶物から紐解きます。
 
 
3館に共通する展覧會の概要と、東京會場のみどころについて、本展を擔當する當館研究員の皿井より解説いたしました。
 
 
本展のタイトルを見て、2006年に當館で開催した特別展「最澄と天臺の國寶」を思い出した方がいらっしゃるかもしれません。
天臺宗開宗1200年を記念したこの展覧會は、東京、京都の2會場での開催でした。
本展はそれを上回る3會場を巡回予定。
東京、九州、京都という3つの國立博物館を巡回する大規模展として企畫したのには、最澄の生涯や天臺宗の歴史が深く関係しています。
 
最澄は天臺の教えを広めるべく日本各地に足を運び、全國の要所に教えの拠點をつくろうと計畫しました。
さらに、最澄が比叡山に創建した延暦寺は、多くの高僧を輩出。彼らが説いたさまざまな教えは、日本文化に大きな影響を及ぼしてきたのです。
最澄や後進の盡力により、天臺宗は全國に広く根を下ろし、それぞれの地域で多彩な花を開かせました。
こうした天臺宗の特色を存分にご紹介するため、本展は章立てこそ3會場共通ではあるものの、會場ごとに大幅な作品の入れ替えを行い、各會場の地域的な様相を掘り下げます。
 
 
では、3館巡回のスタートを切る東京國立博物館での展示のみどころとは。
 
東京會場みどころ その1:貴重な秘仏が勢揃い
重要文化財 薬師如來立像 平安時代?11世紀 京都?法界寺蔵
展示會場:東京國立博物館、京都國立博物館
 

重要文化財 薬師如來坐像 平安時代?12世紀 岐阜?願興寺(蟹薬師)
展示會場:東京國立博物館

最澄にゆかりの深い薬師如來像や、天臺宗の祖師にちなんだ尊像など、全國7つものお寺から貴重な秘仏が東京國立博物館へお出ましになります。
そのなかには、重要文化財「薬師如來立像」(京都?法界寺蔵)や
重要文化財「薬師如來坐像」(岐阜?願興寺〔蟹薬師〕蔵)といった寺外初公開となる秘仏本尊も含まれます。
秘仏本尊が寺外にお目見えするだけでも非常に稀なこと。

東京に居ながらにして、これだけの秘仏とご対面できる機會は滅多にありません。

 
東京會場みどころ その2:國寶「聖徳太子及び天臺高僧像」が一堂に
國寶 聖徳太子及び天臺高僧像 平安時代?11世紀 兵庫?一乗寺蔵
※展示期間、展示會場は各図ごとに異なります。
 
國寶「聖徳太子及び天臺高僧像」は、インド?中國?日本の天臺ゆかりの人物たちを描いた十幅からなる作品です。
平安時代の仏畫は大変稀少であり、とりわけ最澄像(畫像下段 右から2枚目)は現存する最澄の肖像畫のなかで最も古いもの。
會期中に展示替えはあるものの、東京國立博物館では十幅すべてをご覧いただくことができます。
さらに、期間限定で全十幅の同時公開を予定しているのも、3館のうち東京國立博物館だけです。
 
 
東京會場みどころ その3:江戸天臺の精華がずらり
慈眼大師縁起絵巻(中巻部分)
詞書:胤海筆?絵:住吉具慶筆 江戸時代?延寶8年(1680) 東京?寛永寺蔵
展示會場:東京國立博物館 ※中巻展示期間:10月26日(火)~11月7日(日)
寛永寺を創建した慈眼大師天海(じげんだいし てんかい/1536?~1643)の生涯を描いた絵巻物。江戸時代の寛永寺の様子が描かれています。
 
前述のとおり、本展では、江戸時代に徳川幕府の庇護のもとで生み出された、華麗な江戸天臺の名寶にも焦點を當てます。
東京國立博物館のある上野は、なんといっても「東の比叡山」東叡山寛永寺のお膝元。
現在の本館がある場所は、寛永寺の本坊跡地というご縁もあります。
東京國立博物館では、最澄による東國への布教活動の足跡をご紹介するとともに、當館でのみ公開予定の秘仏、重要文化財「薬師如來立像」(東京?寛永寺蔵)をはじめ、江戸城の鬼門として繁栄した寛永寺にまつわる寶物などをまとめて展示し、江戸時代における天臺宗の隆盛に迫ります。
 
 
東京會場みどころ その4:総合文化展での関連展示も
本館14室では、特別展「最澄と天臺のすべて」にあわせ、特集「淺草寺のみほとけ」(2021年9月28日(火)~12月19日(日))を開催。
「淺草寺に仏像?」とお思いの方が少なくないかもしれませんが、1950年に聖観音宗となるまで天臺宗の古剎として知られた淺草寺には、數々の仏像が伝えられています。
本特集では、淺草寺所蔵の仏像17體を展示予定です。
また、本館11室でも、2021年8月31日(火)~11月14日(日)には京都?妙法院をはじめ天臺宗の寺院に伝わる仏像をご紹介します。
特別展とあわせて総合文化展もご覧いただけば、より理解が深まり、楽しみが増すこと間違いなしです!
 
 
報道発表會では、皿井研究員に続き、九州會場、京都會場のみどころも各館の研究員よりご案內しました。
 
 
 
 
さらに、本展の音聲ガイドナビゲーターには、市川猿之助さんが就任されました!
こちらもどうぞお楽しみに。
 
 
本展でご覧いただける寶物には、最澄の信奉した「すべての者が救われる」という『法華経』の精神が表されたものが多數含まれます。
昨今の世情を踏まえると、そういった寶物も、よりいっそうの切実さをもって目に映るかもしれません。
伝教大師1200年大遠忌記念 特別展「最澄と天臺宗のすべて」(2021年10月12日(火)~11月21日(日))に、どうぞご期待ください。

 

カテゴリ:「最澄と天臺宗のすべて」

| 記事URL |

posted by 新井千尋(広報室) at 2021年06月08日 (火)

 

 

はじめに

展示のイチオシやバックヤードの出來事など、トーハクスタッフによる最新情報をお屆けします。

 

 

カテゴリ一覧

 

    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

 

他のブログを見る

更新情報

 

ページトップへ
a毛片免费全部播放完整